Education
 

就職に有利な資格

ウェブ業界は専門的な分野なので、就職する前にスキルや知識を習得していると有利に働くことができます。資格は、このレベルまではできるという証明にもなるので、企業にもアピールしやすくなります。

READ MORE

デザイン業に就く

パソコン関係の仕事には、ライターやウェブデザイナーなどがあります。中でもウェブデザイナーは、WEBページ内のデザインを行なう仕事になります。WEB内のデザインを美しくしたり、機能を良くするのが主な仕事内容となります。一般の人でも、この仕事内容を知っている人も多いでしょう。デザインする際には、イラストレイターやフォトショップなどの専用のソフトを使用します。ソフトを上手に使いこなすことで、WEBページをデザインしていくことが出来るのです。ソフトの中には、カラー・ロゴ・アイコン・キャラクター・画像加工などが出来るようになっており、上手く組み合わせることでキレイなWEBサイトが作れるのです。デザインの次には、画像データをWEBで見られるように作業していきます。この作業はコーティングと呼ばれ、HTMLやCSSなどが主なコーティングとなります。

WEB関係の仕事をする際には、WEBに関する知識が必要となります。ウェブデザイナーは知識だけでなくテクニックも必要で、それを証明するための資格が必要となります。この資格は国家資格で、ウェブデザイン技能検定に合格すれば資格を取得をすることが出来るのです。1〜3級までレベルがあり、この資格を持っていれば就職や転職する時に非常に便利です。資格を取り働くには、専門のスクールへ通い学ぶことが必要となります。この検定に合格するためには、デザイン力や専用のソフト操作、様々なテクニックやスキルを持たなければならないのです。必要となる技術はとても多く、独学で学んでいくのは難しいでしょう。基本的な知識や技術からつけていくためにも、スクールへ通うことは大切なのです。スクールに通うことで土台からしっかり学ぶことができ、苦手とする部分は直接その場で講師に質問出来ます。

New Topics

スクールか独学か

Webデザイナーの学習方法は主に二つで、独学するかスクールに通うかです。どちらの方法にも良いところ悪いところがあるので、自分にマッチするスタイルをしっかりと確立することが重要です。

資格いっぱい

ウェブデザイナーには様々なスキルが要求されます。資格は就職に有利だから習得するのではなく、自分が勉強してきたことの証として証明できるので、資格を習得してしっかりとスキルをマスターしましょう。

おすすめのページ